味の素AGF「カフェラトリー公式インスタグラム用イラスト」、ご依頼から製作まで

味の素AGF株式会社様「カフェラトリー公式インスタグラム」にて、7月・8月のイラストを担当させていただきました。

きっかけは、2年ほど前に描いていた「飲食物とそこからイメージした女の子達」のイラストを、インスタグラムから担当の方が見つけてくれてこと。

SNSでは絵をアップしても反応がなかったり、すぐに埋もれてしまったりで、モチベーションを保つのが難しいなと思うこともあるのですが、こういうことがあると「何がきっかけになるかわからないし、やっていてよかったな」と実感します。

そしてお仕事確認書を交わした後に、代理店の方から、なんとカフェラトリーの全種類を送っていただけたのですが、すごい種類の多さ!

カフェラトリー製品はよくスーパーなどでも見かけていたのですが、全種類見るのは初めてだったので、圧倒されました!

さて7月は「芳醇ピーチティー」と「デカフェ」です。

「普段の生活の中での、気軽に取り入れられる贅沢な時間」をテーマにイメージを膨らませて、実際に送っていただいたカフェラトリーをグラスに入れて写真をとったり、娘にポーズをつけてもらったりしながら具体的に考えていきました。

そしてラフで提出したのは

「光あふれる午後、桃と黄金色に輝くピーチティー」

「魔法のような雰囲気のガラスのティーセットに入っているピーチティー」

「ペディキュアを乾かしてくつろいでいる女性と、ピーチティー」の3案です。

結局採用していただいたのは、「光あふれる午後、桃と黄金色に輝くピーチティー」のイメージ。

7割がた水彩で描き、ロゴなどは提出していただいたものを取り込んで、パッケージイラストと合成、クリップスタジオで仕上げました。

実際に芳醇ピーチティーを飲んでみて、リアルな桃感に衝撃を受けたのですが、そのみずみずしさから受けた感動が伝わるように!と思いを込めながら描きました。

他にも、フルーツティーはこんなに種類あるんですよ〜。

水にもサッと溶けるのが嬉しいです。

さて7月後半用のイラストは「濃厚クリーミーカフェラテ デカフェ」です。

朝顔と女性というモチーフは決まっていたのですが、3案ラフで提出しました。

「浴衣姿の女性が朝顔を見ながら縁側でくつろぎ、そこにデカフェがお盆に載っている」

「朝顔でできた緑のカーテンの内側で、デカフェを飲みながらくつろぐ女性」

「朝顔が咲いている庭で、デカフェを飲みながら”今日も頑張ろう”という前向きな雰囲気の女性」

でしたが、「どうもイメージが違う・・・」ということで再度練り直しました。

そしてあらためて

「朝顔でできた緑のカーテンで咲いている花を見ながら、家の中でデカフェを飲みながらくつろぐ女性」

のラフを作成し、こちらが採用となりました。

カフェラトリーは午後のイメージのようなのですが、朝顔は朝しか咲いていないので空間描写に悩んだり、大文字だけのアルファベットはバランスが難しく、苦心しました。

ところでデカフェは粉末にもかかわらず、クリーミーな泡立ちと濃厚さで、とても贅沢な気持ちになりました。

カフェシリーズも、他にたくさん種類あるんですよ。

これらは、これから涼しくなったら毎日楽しみに飲みたいと思います。

さて最後は8月用のイラスト、「芳醇レモンティー」です。

ラフはまた3案。

「竹林に囲まれた民家の縁側でくつろぐ女性と、その手前に置かれているアイスレモンティー」

「夏の太陽を感じさせるような眩しい色合いのアイスレモンティーと、周囲にレモンのイメージ」

「テーブル置かれたひまわりとアイスレモンティー。夏の午後の、明るく楽しい雰囲気。」

この中から、「夏の太陽を感じさせるような眩しい色合いのアイスレモンティーと、周囲にレモンのイメージ」に決まりました。

アイスティーをグラスに入れて日に透かせたり、レモンを切って断面を参考にしながら水彩で描きます。

その後、取り込んだ絵をクリップスタジオで加工して完成。

夏の光の眩しさと、黄色が引き立つ青紫の影を意識しました。

今回「こんなお仕事がいつかできたら・・・」と思っていたご依頼だったので、とてもやりがいがありました。

またいつか、こんなお仕事をぜひできたらと思います。

ところで、濃厚なものはコーヒー系が多いイメージなんですが、日本茶や紅茶ベースのもあるんです。

コーヒーが苦手な人にも、嬉しいですよね。

家で毎日大量に飲み物を飲んでいるので、常に多種類の飲料をストックしてある我が家ですが、これからカフェラトリーシリーズも愛飲させていただこうと思います。

インスタグラムアカウントもよろしくお願いします!

@sui_sasa

ご相談・お問い合わせはお気軽に。

ポートフォリオ
イラストに関するご相談、お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。
イラストポートフォリオは「さらりタッチ」「幻想・情緒的タッチ」の2種類のほか、両方のタッチをまとめたものもございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください